電動鼻水吸引器メルシーポットのレビューと鼻水の吸い取り方のコツ

自宅で鼻水を安全に吸引できるメルシーポットのレビューと、
鼻水の吸い取り方のコツを紹介しています。
 

2013年08月24日

メルシーポットの使用レビュー

鼻水吸引器_01.jpg

今まで自宅で子供の鼻水を吸うときは、
チューブを使って口で吸うタイプの鼻水吸引器を使っていたのですが、
使うたびに風邪が移ってしまったことと、鼻の奥に溜まった鼻水がうまく取れない、
吸い取るのにもかなりの吸引力が必要で、使うたびに頭がクラクラしていました。

さすがに体がもたないと思って、思い切って電動鼻水吸引器を買ってみました。

家庭用の電動鼻水吸引器はいくつか種類があって迷いましたが、
私は機械系がまったくダメなので、操作が一番簡単そうなメルシーポットを選びました。

メルシーポット_01.jpg

準備は鼻水を吸い取るチューブと本体をつないで、
操作はオンとオフのスイッチと吸引力調整のダイヤルだけです。

買うときに気になっていた吸引力ですが、
実際に使ってみると耳鼻科の吸引器とまではいきませんが、
思っていたより吸ってくれました。

最初はおっかなびっくりで吸引力はダイヤルの半分くらいにして、
鼻水の状態と吸い取り加減を見ながら調整していましたが、
慣れてくると吸い方のコツも掴めて、ほぼ最大の吸引力で使えるようになり、
早くきれいに吸い取れるようになりました。

メルシーポット_02.jpg

ただ、付属のシリコンノズルだと柔らかい鼻水は吸えるのですが、
ネバネバした鼻水は吸いにくくて、鼻の奥に溜まっている固めの鼻水を吸い取るには
向いていません。

付属のシリコンノズルで吸い取れない場合は、
別売りのカテーテルを使うと鼻の奥までスッキリ吸い取ってくれます。

お手入れは部品が少なく構造も簡単なので助かりました。

使い終わったら水を吸ってチューブを洗って、
ポットに溜まった水と鼻水を捨てて洗うだけです。

メルシーポット_03.jpg

吸引ボトルを外すときに少し硬いことと、
音がかなり大きいので、もう少し静かだったら満点です。

わかりやすくて可愛いイラストで書かれた説明書も良かったです。

子供が中耳炎にかかりやすく、
週に3回は耳鼻科で鼻水を吸引してもらっていたのですが、
耳鼻科に行く手間もなくなって、今のところ中耳炎にもかからずにいてくれます。

親子で風邪を移し合うことがなくなったのも、
電動吸引器を使って良かった点です。
メルシーポット_04.jpg


menu_gr.gif 鼻水の吸い取り方のコツ


posted by メルシーポット at 19:41 | Comment(0) | メルシーポットの使用レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。